花粉症対策 世界一受けたい授業 テレビ 効果

世界一受けたい授業

世界一受けたい授業で放送された花粉症対策

花粉症対策

今年もイヤ〜な季節がやってきた!
そう、花粉症のシーズンがまもなく本番になります。

今年は多くの地域で、昨年より花粉の量が多いと予測されていますが、東京都では3.5人に1人が花粉症といわれています。

実は、スギがたくさん生えている田舎よりも、スギの少ない都会の人の方が花粉症の人が多いのですが、なぜだと思いますか?

それは、花粉が化学物質とくっつくから!
山から放出された花粉は、風に飛ばされ交通量や工場の多い都会で、煙や排気ガスに含まれた化学物質とくっつくことで、花粉症を引きやすくなるといわれています。

また、花粉症ではないと油断していると、身体に耐えていた身体の許容量をオーバーしてしまい、あるひ突然花粉症になってしまうこともあります。

花粉症対策の間違った項目とは

次の項目のうち、花粉症対策に間違ったものが一つだけありますが、どれだか分かりますか?

  • 花粉症の時に辛いものを食べる
  • 水道水で目を洗う
  • 冷たいおしぼりを目の上にのせる
  • コンタクトからメガネに変える
  • 鼻の穴にワセリンを塗る
  • 床を水拭きする

以上の項目で花粉症対策の間違い、分かりましたか?
正解は「水道水で目を洗う」でした。

水道水で目を洗うと、目の細胞を傷つけてしまうことがあります。
ですが、もし目を洗うのであれば、市販の涙の成分と同じようなもので洗うのであれば、それは良い花粉対策となります。

白井田七(花粉症対策)